FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.10.04(火)

心ときめきするもの


よき薫(た)きもの薫(た)きてひとり臥したる。
頭(かしら)洗ひ、化粧じて、香ばしう染みたる衣(きぬ)など着たる。
ことに見る人なきところにても、心のうちは、なほいとをかし。(by枕草子)


御所拝観の前日には『心ときめく』お香のイベント、
松栄堂presents空薫(そらだき)体験in大覚寺に行ってきました(^m^)v

what's空薫?
聞香(もんこう)のように灰に埋めた炭の上に網を置き
その上に香を乗せて香りを引き出すのではなく、
炭を置いて温まった周りの灰の熱で香りを出す薫き方です。
近くでしっかり香りを確かめるというよりも、
香りが広がりやすいので、部屋に香を薫きしめたり衣に香りをつけたりする際に使われます。

まあ、現代でスティック香を部屋で薫くようなものですね(←身もフタもない…(^□^;)
現在香道のお香席で行われる『聞香』は鎌倉時代に入ってから武士文化として
確立していった形式なので、源氏物語や枕草子に書かれている香合わせの場面は
すべて空薫!
だから『平安の香り』体験、なのです。


体験の前にはお抹茶付き♪


さあ、それではやってみよう~!
空薫に必要なグッズは
 ・香炉と灰
 ・香炭団(こうたどん:炭のこと)
 ・火箸
 ・お好みのお香
以上です!
灰の上に直接香を置くので、聞香に必要な銀葉(ぎんよう:約2㎝程度の金網)はありません。
灰は酸素を取り入れるために空気を含ませてセットしているので、ふっかふかです♪(>▽<)

さて、本日のお香は…
すべてこの日のために松栄堂の調香師が合わせたというオリジナル三種です。


『左近の梅』
丸薬状に成形済みの練香です。
さすが『梅』のイメージですね。甘い感じの香りでした。


『平安京』
印香(調合したお香を型押しして成形し、乾燥させたもの)です。
スパイシーな感じの香りでした。平安の都って…辛口だったのか?(^□^;


『嵯峨御所』
粘土みたいな状態ですが、これが練香の原形です!
現代では使いやすく成形済みの状態で販売しているけど
もともとお香は各人が自分のオリジナルレシピで合わせて(『手前味噌』みたいだ~(笑))
使う都度に必要量だけ丸めて使うものだから、本来保存時はこの状態なのです。
ちなみにこの香りは…わかりやすく言うならば……墨みたいな感じ?(A^^;
う~ん、やっぱり、三筆のお1人だからですからねー、嵯峨天皇(´艸`)


こんな風に炭団の横に置いて、温まった灰の熱でふんわり香りを広げるんのですよ(^m^)


お香の後は大覚寺の拝観オプションで〆。
体験中はどっしゃー!と雨が降っていたけど、帰る頃には上がっていて大沢池も見られました。
傘持って行かなかったけど、よかった(笑)
│posted at 23:50:57│ コメント 6件トラックバック 0件
≫コメント 
おはようございます~。
風流なイベントに参加されたみたいですね(^^)

松栄堂さんがされている「リスン」のインセンスはお世話になっていますが
今回のようなものは初めてです。

素敵なイベントに参加されて羨ましいです(^^)
youpv│URL│posted at 2011-10-06(Thu)09:43│編集
おはようございます^^

素敵なイベントですね♪
お香、よくわからないので詳しい説明に感謝です^^
興味津々で読ませていただきました^^
ちなみに、体験中は正座ですか?
子供の頃は正座でしつけされたので得意でしたが、
大人になって、大事な席で足が痺れ
立ち上がる時にコント並みにコケた経験があり。。
それ以来、かつての自信は失踪中。。^^;

それにしても、どしゃ降りからの傘要らず。。
日頃の行いですね♪
はなくろ│URL│posted at 2011-10-07(Fri)08:16│編集
cocoさん、おはようございます。
こんな体験があるんですね。
空薫なんてものがあるとは知りませんでした。
枕草子の時代に戻って、好きなお香を焚き染めるなんて風流。
松栄堂さんのお香は、毎日楽しんでいます。
こういう体験もしてみたいです(^^)
むーみん│URL│posted at 2011-10-07(Fri)11:11│編集
youpvさん、いらっしゃいませ(^^)

> 風流なイベントに参加されたみたいですね(^^)

こんな風に書いていると何だか風流のようですが、
実際は「灰を使ってやってみよう」っていうだけでそんなにスゴイ感じじゃないです(^^;
難しい点前もないし、『リスン』のインセンスを常用しているなら
やっていることほとんど変わらないですよ。

youpvさんも練香を求めてみてご自宅でいかが?(^m^)
coco│URL│posted at 2011-10-10(Mon)22:52│編集
はなくろさん、いらっしゃいませ(^^)

私もお香はあまり詳しくはないのですが、体験は面白かったです♪(^^)

> ちなみに、体験中は正座ですか?

必須ではないですけど、お座敷なので…
しびれ防止の小さなイスを使っている人やおみ足の悪い方にはイスも用意されていましたよ。

> 子供の頃は正座でしつけされたので得意でしたが、

私も小さい頃のお稽古事の関係で2~3時間の正座は余裕だったのですが…
離れるとダメですね~。今は下手な自信は命取り(A^^;

> それにしても、どしゃ降りからの傘要らず。。
> 日頃の行いですね♪

もちろん♪日頃の行いです(笑)
coco│URL│posted at 2011-10-10(Mon)23:01│編集
むーみんさん、いらっしゃいませ(^^)

> こんな体験があるんですね。

たまたま見つけて、ちょうど京都へ行く予定の日程に当たったので
申し込んでみました。
でもお作法とかではなくて、枕草子の時代の日常使いの体験って感じだったので、
現代、普段使いでスティック香をたくのとそんなに変わらないんだな~って思いました。
道具は香炉と灰と炭団さえ揃えれば気軽に自宅でできそうです。
むーみんさんもいかがですか(^^)
coco│URL│posted at 2011-10-10(Mon)23:10│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
 

いちにちいちぜん                アナタの懐は痛まない♪

 
プロフィール

coco

Author:coco
見た目と中身のギャップが激しい。
中身はサムライと言われてるらしい。

 
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 
FC2カウンター

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。